興信所の選び方(面談前の見分け方)

北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
無料相談:0120-295-007
NPO法人 日本探偵調査業協会
些細なことでもご相談ください
慰謝料請求に強い探偵報告書サンプルダウンロード

興信所の選び方(面談前の見分け方)

興信所に頼みたいと思っても、どの探偵事務所がいいのか、何を基準にして選んでいいのかわかりませんね。
「興信所のイメージが良くない」「料金が高い、騙されるのでは・・・」といった不安があるのではないでしょうか。困った時に頼むのが探偵調査、失敗したくありません。
本コンテンツでは、悪徳業者に騙されないためにはどうしたら良いか、信頼できる興信所を選ぶには、どこに注意して判断したら良いかを解説いたします。さらに、頼んではいけない調査や悪徳興信所の例も併せてご紹介いたします。
ご依頼者さまが興信所に依頼する段階として大きく分けると、お問い合せする前の段階、興信所に問い合わせし、返事や回答が来る段階、興信所を訪問して面談した時の段階の合計3段階があります。
1.お問い合せ前に自分で調べるへ
2.電話・メールの返事回答による見分け方へ
3.探偵社を訪問して見きわめる方法へ

安心できる興信所を選ぶポイント

  1. お問い合わせ前の選び方(本ページ)
    • 実績
    • 地元札幌か全国か
    • 得意な調査
    • 会社概要
    • 調査料金
  2. 電話・メールの見分け方(本ページ)
    • 調査料金を電話やメールで教えてくれるか
    • 親切丁寧か
    • メール返信のスピード
  3. 探偵社を訪問して見きわめる方法(別ページ)
    • 事務所や相談室の様子
    • 受付表(面談票)に注意
    • 報告書の品質を見極める(サンプル)
    • 調査料金(時間制・定額制・成功報酬制)
    • 対応力(ご要望に対する柔軟性)
    • キャンセルした場合の返金
    • 調査後の無料相談
    • 専門家の紹介(弁護士、司法書士、行政書士)
    これらが安心できる探偵社を見きわめるポイントです。 さらに、・頼んではいけない調査、・興信所の断り方も含めて詳しくご説明していますので、ご覧ください。

1.お問い合せ前に自分で調べる

    実際に探偵事務所を利用した人の意見を聞くことができればいいですが、周りにいません。そのためどこに問い合わせするかを選ぶ時には、インターネット、広告、看板、電話帳などを利用しますが、調査会社が沢山あるので迷ってしまいますね。
    例えばインターネット検索Googleで「札幌市 探偵」と検索すると、1ページ目に広告が7社、自然検索では10社が表示されます。しかし、その全てに問い合わせることは大変です。そのため次に取る行動は、表示されたタイトルや説明文を見て、ご自分が知りたいと思っておられる事やご自分の気持ちに近い文章をクリックし、その会社のWebサイトを閲覧します。
    その他の広告媒体として、広告や看板・電話帳では、タイトルやキャッチコピー、会社の場所などを見て、どこに問い合わせるか決められると思います。
    ここでのポイントは、
  1. 実績(調査件数、営業年数)
  2. 地元の興信所か全国の会社か
  3. 得意な調査
  4. 会社概要
  5. 調査料金
  6. などでしょう。 広告によっては1〜5の全てを掲載されてない場合もあります。

1.実績(調査件数、営業年数)

これは興信所を決める上で最も重要なことです。実績とは、調査種類別の調査件数とその会社の営業年数です。 調査件数が少ない興信所の場合は、ご依頼者さまが目的とする調査結果が得られない可能性がありますし、調査が失敗する可能性がもあります。せっかく浮気調査にお金をかけても浮気の証拠が撮れなかった、対象者に調査がバレてしまった、という話を聞くことがあります。 一方、調査後の相手との交渉の仕方、調査結果をもとに有利な交渉術、難しい案件の対処方法など、実績のある興信所でしかアドバイスできないことが多くあります。
安心できる基準としては、浮気調査件数1,000件以上、探偵調査件数1,500件以上、営業年数10年以上であれば、実績面では合格と言えるでしょう。

2.地元の興信所がいいか、全国展開している会社がいいか

一般的に全国展開している会社は、調査料金が高い傾向にあります。理由は経費負担が重く、人件費、事務所家賃、広告費が各支店ごとにかかり、地元の平均的な調査料金では利益が少なくなってしまうからです。そのため、全国展開している興信所と地元(札幌)の興信所では札幌の探偵社の方が安い傾向にあります。
全国展開している某興信所では事務所は札幌にありながら、実際には人が常駐しておらず、郵便受けにはチラシが溢れかえり、長期間ポストを見ていない様子。そのため無料相談ダイヤルに電話すると東京に電話がかかり、相談員が電話に出るものの、会うとなると「東京から行くので旅費を請求された」という実際にあった話があります。
そのため、全国各地にあるような興信所に問い合わせする場合は、常駐しているかどうか確認が必要です。 また、東京本社で札幌が支店という会社では、契約はその東京本社の興信所が行い、調査は札幌の興信所が請け負うという調査会社もあります。他に、地元札幌の業者に丸投げして、マージンを取る業者もあります。
このシステムは必ずしも悪いわけではありませんが、直接ご依頼者さまのお悩みやご要望を伺っている会社と調査をする会社が違えば、もし調査で予期せぬ事態になった場合、最適な対処ができません。さらに、札幌の下請け興信所に流すわけですから、情報管理の面でも心配です。その分、調査料金も札幌の興信所よりも割高となることが多いです。

3.得意な調査

個人を対象として調査する興信所はほとんどが、浮気調査を含む素行調査を行っております。特に浮気調査が件数的にも全体の割合からすれば多くを占めます。その他、家出人の捜索、人捜し、勤務先調査、結婚調査、盗聴器・盗撮器発見調査、いじめ実態調査、他、ほとんどの興信所がさまざまな調査を行っております。それぞれの興信所で得意な分野や主に行っている調査がありますので、ご自分が頼みたい調査を得意分野として調査を行っているかを調べることも重要です。

4.会社概要

まず見るところは会社所在地です。北海道や札幌で調査をする場合、事務所が北海道外にある興信所は、会って話しを聞くことも調査をするにしても問題があります。
次に代表者が表記されているかどうか。電話番号は固定電話か携帯電話か。探偵に関係する資格を持っている担当者がいるかどうか。創業して何年が経過しているか。などでしょう。
一方事務所についてですが、必ずしも立派な事務所かどうかが信頼性を左右するものではありません。過去には、札幌の中心地に事務所があったので安心して依頼しましたが、途中連絡が取れなくなり事務所に行くと廃業していた、といったことがありました。
自宅兼事務所として行っている興信所もあります。きちっと仕事をするなら、比較的安い調査料金で依頼が可能でしょう。
ちなみに弊社では豊平区に自社ビルと札幌駅北口に相談室がありますので、ご都合の良い方をご指定ください。

札幌女性探偵社の会社概要 詳細ページへ

5.調査料金

ここでは、素行調査(浮気調査・行動調査含む)の料金についてご説明します。
興信所を決める判断材料として、大きな影響があるのが調査料金です。では、良いか悪いかの判断は、調査料金表があるかどうかです。料金表がない場合、ご依頼者さまのふところ具合で料金を高くする興信所が一部あります。料金表がない理由としては「個別に調査方法や難易度が違うため、一律では決められない」「調査対象者の会社の出入口が複数あるため、調査員と車両が多く必要だから」といった理由を付けて調査料金を加算するというやり方です。
一方、調査料金表があれば、ご依頼者さまのご職業によって料金をつり上げることはありません。また、「ご主人さまは公務員だから・・・」「経営者だから」と言った理由で料金が高くなることはありません。一部の興信所では調査員の人数や車両台数によって追加の調査費用が必要な業者もありますが、弊社では調査員の増員や車両台数を増やしても追加になることはありません。
また、調査料金は時間制と成功報酬制に分かれます。
時間制は調査時間や調査期間によって料金が比例します。一般的な成功報酬制は、先ず着手金を支払い、証拠が撮れれば成功と見なし、成功報酬金が発生します。ただし、成功の定義が興信所によって様々なのでトラブルが絶えませんので、注意が必要です。

調査料金表 詳細ページへ

2.電話・メールでの受け答えから判断する

調査したくても調査料金があまりにも高いと躊躇してしまいますね。だからと言って、わざわざ興信所に行かなければいけないととなると、それもまた二の足を踏むことになります。 そのような場合は、「電話で調査料金を問い合わせる」と良いでしょう。
しかし、調査料金は商品の料金ではないので、興信所側も浮気調査は**円と言えません。そのため、どういった状況でどんな証拠が欲しいか、調査後はどうしたいか、など、ある程度お話されれば調査料金の概算を案内されるはずです。 逆に、電話で料金の概算を伝えてもらえないなら、そう言った興信所は避けた方が良いでしょう。
その他判断材料としては、電話に出た担当者が親切丁寧か、何コールで電話に出たか、電話の周りの音に不審な点はないか、など、会社として最低限の常識があるかどうかを見分けます。
一方、メールでは、問い合わせ後にどのくらいの時間で返事が来たか、重要なことです。これはその興信所の仕事の速さに比例します。遅い場合はご依頼後も何かにつけて遅い傾向にあります。担当者に電話しても出ない、折り返し架かってこないなどは、よく聞く話です。
以上の点をポイントに、興信所に行く前に注意すれば、ふるいにかけることができますので、実践してみてください。

浮気・素行調査 詳細ページへ


▲TOPへ

お問い合わせはこちら
弊社が選ばれる理由とは?
所在地・連絡先
【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
(国道36号沿い)
【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500
(札幌駅徒歩1分)
北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町・共和町・ニセコ町・長沼町・栗山町・岩内町・当別町・留寿都村・新篠津村
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア
■ 探偵調査種類
[浮気調査] 夫、妻の浮気調査・婚約者の浮気調査・嫁、婿の浮気調査
[素行調査] 嫁、婿の探偵調査・お子様に関する探偵調査(援助交際、非行、いじめ)
[所在調査] 家出人の捜索・慰謝料請求相手、債務者の転居先・なつかしの人探し
[身上調査] 婚約者に関する探偵調査・気になる人の近況調査・個人取引前の信用状況調査
[家出人の捜索] 夫・妻・お子さま・ご兄弟・父母・祖父母(ご家族からのご依頼限定)
[企業調査] 従業員の勤務実態調査・雇用前の調査・情報漏洩、接触人物の探偵調査
[特殊調査] 覆面調査・盗聴器・盗聴器発見調査・ストーカー・DV対策・その他探偵調査