不倫相手と同棲を始めた夫

北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
無料相談:0120-295-007
NPO法人 日本探偵調査業協会
些細なことでもご相談ください
慰謝料請求に強い探偵報告書サンプルダウンロード

同棲を始めた夫

同棲を始めた夫
不倫相手は同じ職場の女性

家族構成

ご依頼人 妻47歳
対象者 夫51歳
結婚生活 15年目
子供 1人
職業 技術系会社員

結婚関係が長年続き、夫のわがままがひどくなった

結婚関係が15年になる依頼人さま(妻)は、夫のわがままに耐えられなくなっていました。 札幌の一流企業に勤める夫は、結婚以来、常に上から目線で妻に対して奴隷としか思えない態度を取っていました。例えば、どんなに大雪が降っても、夫が除雪したことはありません。もちろん妻が妊娠中でも、夫がスムーズに仕事に行けるよう、朝食の前に重い雪を何度も何度も道ばたに移動させ、除雪をしていました。その横で会社に電話し、「妻が妊娠中のため除雪するので遅刻する」と平気で職場にウソをつく有様でした。
悩み 年を増すごとに夫のわがままがひどくなり、連絡もなく深夜帰宅、休日は黙って出かけ、帰宅した時に食事の用意ができていないと怒鳴り散らしていました。夫は、妻の願いを一切応じないでいました。さらに最近では、生活費を減額され、子供の塾通いも止めるよう言われ、家族への愛情が全く感じられないようになりました。たまに夫からセックスを求められましたが、心身ともに受け付けられなくなっていました。
妻は「いったい何が楽のために結婚関係を続けているのか」悩み続けていました。ただ、自分だけが我慢すれば波風立たず、夫は普通に仕事をし、子供は学校に通うことができるので、そのまま結婚関係を続けていました。

夫が黙って家を出る

妻がある日曜日の早朝、物音に気づいて外を見ると、夫が家と車を何度も往復しスーツやパソコン他を車に積み込んでいました。それを見た妻は、夫に問い正しても、返事することなく車に乗って走り去りました。家の中を見てみると、タンス内の衣類は一部なくなり、スーツも数着なくなっていました。
そこで初めて妻は夫が出て行く、ということを悟りました。その後は、夫に電話をかけてもメールを送っても、返事は来ませんでした。 そのような状況でも、妻は夫が不倫しているとは考えてもみませんでした。

郵便物から夫の居場所がわかる

夫が出て行った数日後に不動産会社から封筒が届きました。夫宛の郵便物を開けることは罪悪感がありましたが、夫の居場所がわかると思い開けてみると・・・
書類には夫が借りたと思われるアパートの住所が記載されていました。そこは、2LDKの集合住宅で家賃は6万円の物件、Googleストリートビューで検索すると、
その場所は地下鉄の駅から徒歩10分くらいの場所で、建物出入口までは細い私道を通らないと行けず、玄関出入口はスチール製の物置で隠れるような場所でした。 また、買い物には地下鉄駅そばに生協があり、生活するにはとても便利なところでした。
今の家を購入する時、妻は買い物に便利な所を希望しましたが、夫は受け入れてくれず、通勤に便利な所を最優先しました。

夫が不倫相手と同棲を始めていた

妻はすぐにその住所へ向かい、外から見るとベランダには洗濯物が干してあり、夫のポロシャツと女性物のブラウスがありました。
洗濯物 そうです。夫は離婚してないのに、女性と同棲するためにアパートを借りたのです。しかも、女性と同棲関係にあるということは、かなり前から不倫をしていたことになります。つきあいが短い間柄で同棲生活を送ることはありえません。
妻は気になって、夜も同棲しているアパートを見に行きました。洗濯物は取り込んであり、部屋の照明は点いていました。部屋を訪れようとしましたが、万が一違っていてもいけないので、チャイムを押すことはためらいました。
妻は興信所に頼んだ方がいいかどうか悩んだあげくに友人と相談し、興信所に依頼することにしました。

夫と同棲関係を続けているのは会社の同僚

調査結果は、

  1. 夫が女性と同棲している事実
  2. 不倫相手の実家と勤務先
  3. が判明しました。女性の仕事は夫と同じ会社の派遣社員。女性の前自宅である実家はそのアパート近くでした。 そこで初めてなぜ夫がその場所に借りたかがわかりました。しかも不倫相手と同棲するために、買い物便利な所を優先したようです。

裁判所の判断は

不倫の証拠をつかんだ後、依頼人さまの不倫相手の女性と夫への対処方針として、

  • 不倫相手の女性に対し、「慰謝料請求」
  • 離婚を要求する夫には「離婚拒否」
  • することにしました。夫は裁判で夫婦破綻状態であり「離婚協議中」と主張しましたが、認められず離婚は成立しませんでした。さらに、不倫相手も「夫婦破綻状態」として慰謝料支払いを逃げようとしましたが、不倫相手が妻にいたずら電話を繰り返したこともあり、それも認められませんでした。

夫の言いなりではダメ

浮気される妻の多くが、「夫を放任していた」「夫をかまっていなかった」「夫の言いなりになっていた」「薄々わかっていたけど許していた」という状況です。
興信所依頼 そのため、浮気する側の配偶者が100%悪いかと言えばそうではなく、浮気されないように努力する必要があります。夫婦仲が悪い時にたまたま配偶者とはタイプが真逆の異性が現れれば、ついつい遊び感覚で遊んでしまうこともあります。
本件のようなわがままな夫に対しては、結婚関係が始まる前から妻(彼女)は強くならなければなりません。夫のようなわがままな人たちに対して言いなりになることは、仮に夫が間違った選択をしても正すことができないということであり、子どもにとっても良いことではありません。
結局、苦労するのはご家族です。
どうか勇気を持って対峙し、幸せな人生を歩みましょう!

▲TOPへ

お問い合わせはこちら
弊社が選ばれる理由とは?
所在地・連絡先
【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
(国道36号沿い)
【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500
(札幌駅徒歩1分)
北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町・共和町・ニセコ町・長沼町・栗山町・岩内町・当別町・留寿都村・新篠津村
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア
■ 探偵調査種類
[浮気調査] 夫、妻の浮気調査・婚約者の浮気調査・嫁、婿の浮気調査
[素行調査] 嫁、婿の探偵調査・お子様に関する探偵調査(援助交際、非行、いじめ)
[所在調査] 家出人の捜索・慰謝料請求相手、債務者の転居先・なつかしの人探し
[身上調査] 婚約者に関する探偵調査・気になる人の近況調査・個人取引前の信用状況調査
[家出人の捜索] 夫・妻・お子さま・ご兄弟・父母・祖父母(ご家族からのご依頼限定)
[企業調査] 従業員の勤務実態調査・雇用前の調査・情報漏洩、接触人物の探偵調査
[特殊調査] 覆面調査・盗聴器・盗聴器発見調査・ストーカー・DV対策・その他探偵調査