浮気する旦那とよりを戻したい

北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
無料相談:0120-295-007
NPO法人 日本探偵調査業協会
些細なことでもご相談ください
慰謝料請求に強い探偵報告書サンプルダウンロード

浮気する旦那とよりを戻したい

まじめな旦那に女が・・・
夫婦のよりを戻すために調査
あっさり認めてやり直すことに!

嗅いだことのない香水の臭い

うちの旦那の浮気に気付いたのは、お正月でした。電話がかかってきたときに、携帯電話を持って旦那が席を外したことで疑念が生まれました。

始まりは、年末の忘年会でした。忘年会では、二次会や三次会はよくある話です。良い感じで盛り上がって、もう一軒行こうというのは、ごく普通にみられることです。でも問題なのは、旦那はあまり二次会などには行かないタイプの男性だということなのです。

そんな旦那が、そのときの忘年会に限って「二次会に行くから」と電話してきました。私は、珍しいこともあるものだなと思いながら、あまり遅くならないようにとだけ言って電話を切りました。その時点では、浮気のことなど全く考えていませんでした。旦那は、付き合っていた当時から真面目な人で、女性との経験もそれほどあるタイプではなかったからです。油断していたと言えば、そうかもしれません。私が、女性であることを怠っていたとも言えるのかもしれません。でも子ども二人を抱えて毎日忙しく暮していれば、女性であることをとりあえず横に置いてしまうことは、誰にでもあるのではないでしょうか。

ホステスと浮気

旦那が帰宅したのは、明け方でした。これも珍しい事でした。日付が変わってから帰宅することなんて、結婚して以来初めてのことでした。よほど盛り上がったのだろうと思いましたが、スーツを脱がしているときに、ふと嗅いだ事のない香水の香りがしたのです。私の持っているものではありませんでした。

確証がないために何もできない

この時点でも、何も疑うことはありませんでした。行ったお店のホステスさんから匂いが移ったのだろう、と思ったのです。でもこのときにおかしいと思うべきでした。
そもそも、旦那が二次会に行ったという時点で変だと思うべきだったのです。この出来事は、疑念というようなものではありませんでしたが、おそらく私の心の片隅に小さな傷を作っていたのだと思います。そうでなければ、正月の電話で突然、「浮気」という言葉が頭に浮かぶはずがありません。それまで旦那は、仕事の電話でも席を外すことはなかったのです。

普段から「何も隠すようなことはない、むしろ仕事をしている僕のことをもっと知ってほしい」というような人なのです。人によっては、そこで旦那に詰めよるという意見もあるでしょう。でも私は、確証が持てませんでした。証拠という厳密なものではなく、女性としての生理として納得がいかない、というものがなかったのです。ただ何か、どうも落ち着かないものを感じるという嫌な気持ちでした。

ホワイトデーに怪しい旦那を目撃

決定的になったのは、ホワイトデーでした。バレンタインデーでは、旦那はいくつかのチョコレートをもらってきていましたが、とりわけ豪華なものがありました。外国の有名なお店の高級な品で、会社でやりとりをするには少々値が張り過ぎるものでした。こんな高価なもののお礼はどうすればいいのだろうと、少し戸惑う私に「君が気にする必要はない」と、旦那は言いました。思い返すと、少し疲れたような表情でもありました。私は鈍感でした。仕事の疲れがたまっているのだろうとしか思わなかったのです。

監視

そしてホワイトデーが近づいたある日のことでした。その日、友人たちと会った帰りに、旦那と食事をする約束をしていました。約束の場所へ歩いていると、たまたま仕事終わりの旦那を見かけました。追いかけようとすると、旦那がデパートに入って行くのが見えました。追いついたとき、旦那はジュエリーコーナーにいました。可愛らしいネックレスを選んでいました。そのネックレスは、私がするには可愛らし過ぎました。ホワイトデーのその日、旦那が私に贈ってくれたものは、ブランドものの上品なスカーフでした。 さすがに、これは浮気だと確信しました。意を決して質しました。旦那は「すまない」と一言だけ言って、自分の部屋へ引っ込んでしまいました。それからというもの、夫婦の会話が必要最低限となって1ヶ月が過ぎ、旦那は深夜帰宅を繰り返すようになりました。

白黒はっきりさせることに

わたしは、子どもたちを連れて実家に帰ってきました。母はおろおろするばかりで、父はあまり関心がないようでした。しかし、時間が過ぎて行くに連れて、気持ちがある程度落ち着いてきたある日、父がこんなことを言い出したのです。
「白黒はっきりさせたらどうだ。お前の言う通り浮気をしているなら、彼は律儀で真面目だけに早いうちに浮気をやめさせないと取り返しのつかないことになる。」と言って興信所で調査をすることを勧めてきたのです。

確かにこのままでは旦那が素直に認めるわけはないし、女と仲良くなる一方だと思ったので、父と一緒に興信所に行きました。そこでプロの意見を聞くと、浮気の可能性が高いとの判断。 調査すると離婚になるといったイメージがありましたが、必ずしもそうではなく、夫婦のよりを戻すために調査をする人の方が多いという説明に安堵し、依頼することにしました。

夫婦のよりを戻すことに

がんばれ

調査結果は案の定、浮気をしていました。そこで、夫婦のよりを戻すためにお互いの両親を交えてきちんと話し合いをすると、旦那は認めて素直に謝ってくれました。未だ不安はありますが、子供がいることですし、家庭生活をやり直すことにしました。今後は浮気されないように、旦那を監視すると同時に私も努力して別の女に目がいかないようにします。

▲TOPへ

お問い合わせはこちら
弊社が選ばれる理由とは?
所在地・連絡先
【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
(国道36号沿い)
【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500
(札幌駅徒歩1分)
北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町・共和町・ニセコ町・長沼町・栗山町・岩内町・当別町・留寿都村・新篠津村
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア
■ 探偵調査種類
[浮気調査] 夫、妻の浮気調査・婚約者の浮気調査・嫁、婿の浮気調査
[素行調査] 嫁、婿の探偵調査・お子様に関する探偵調査(援助交際、非行、いじめ)
[所在調査] 家出人の捜索・慰謝料請求相手、債務者の転居先・なつかしの人探し
[身上調査] 婚約者に関する探偵調査・気になる人の近況調査・個人取引前の信用状況調査
[家出人の捜索] 夫・妻・お子さま・ご兄弟・父母・祖父母(ご家族からのご依頼限定)
[企業調査] 従業員の勤務実態調査・雇用前の調査・情報漏洩、接触人物の探偵調査
[特殊調査] 覆面調査・盗聴器・盗聴器発見調査・ストーカー・DV対策・その他探偵調査