浮気相手と夫から慰謝料が振込まれた

北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
無料相談:0120-295-007
NPO法人 日本探偵調査業協会
些細なことでもご相談ください
慰謝料請求に強い探偵報告書サンプルダウンロード

浮気相手と夫から慰謝料が振込まれた

浮気相手は結婚式に出席した女
浮気相手と夫から慰謝料振込
少しは気持ちが楽に!

平凡な結婚生活がスタートするが・・・

子供の頃、将来の夢を聞かれると、必ずお嫁さんと答えていたほど主婦業に憧れていた私は、25歳で平凡な結婚をし、専業主婦になりました。夫は3歳年上で、会社の先輩でした。ルックスも仕事もごく普通の人でしたが、モテ過ぎる人よりは安心だと思いました。何より私のことをとても大切にしてくれて、良い家庭を築けそうだと思いました。1年の交際を経て結婚、新婚旅行はハワイです。

結婚

本当は結婚と同時に新居購入までできれば理想でしたが、そこまでの経済力はなく、互いに家も特別裕福ではありませんでしたので、新婚生活は借家スタートとなりました。

夫との関係は良好だと思っていたのですが、夫のほうは違ったようです。後から知ったことですが、なかなか子供ができないことを親から責められたりしていたようです。当時は女は子供を産んで1人前というような考えがありましたから、長男だった夫はきっと肩身の狭い思いをしていたのでしょう。私も早く子供は欲しかったですが、まだ20代ということもあり、夫ほど焦ってはいませんでした。

夫に浮気の疑惑が浮上

浮気疑惑

夫が浮気しているのではないか、と思ったのは、急に帰りが遅い日が増え、外泊する日も出てきたからです。仕事のことは分かりませんので、夫に出張だと言われればそれを信じるしかありませんでしたが、他にもいろいろと不審なことが多くありました。上手く言葉にはできないのですが、私に対する接し方も冷たくなったと言いますか、少し距離を感じるようになりました。性欲が旺盛で子供も欲しがっていた夫ですから、週に2回くらいは求めてきていたのですが、ピタッと求めてこなくなったのも浮気を疑うようになった理由の一つです。いくら出張などで疲れているとはいえ、あれほど元気だった夫が急にまったく求めなくなる、というのはどう考えてもおかしいです。

夫の鞄からラブレターが

学生時代の友人に相談したところ、どっちにしても確たる証拠を集めたほうが良い、とアドバイスしてもらいました。その友人も夫の浮気で離婚した経験がありました。私は当時、まだ夫と離婚する決意まではできていませんでしたので、証拠集めというのに抵抗がありました。しかし、友人がいうには、証拠がなければシラを切られて終わり、男は絶対認めない、ということでした。証拠を使うかどうかはともかく、あるに越したことはない、と言われ、その通りだと思いました。

とはいえ、当時は携帯電話も出始めたばかりで、Eメールも一般的ではありませんでした。もちろんスマホもありませんので、今のようにメールやSNSのスクリーンショット、などという方法は不可能でした。仕方なく夫の留守中に仕事用のカバンを探ってみたところ、浮気相手と思しき女性からのラブレターが見つかりました。そんな手紙を後生大事に持っておくなんて、本当に男ってバカだと思います。もう随分と昔の話ですから、内容ははっきりとは覚えていませんが、浮気の証拠として充分だったことは覚えています。写真におさめるという発想はなく、家庭にコピー機がある時代でもありませんでしたので、その手紙はそのまま没収しました。夫は手紙がなくなっていることに気付くかもしれませんが、まさか私に聞くこともできないでしょう。バレたのか、とビクビクすると思うと少し痛快でした。

夫から離婚を要求される

手紙がなくなっていることに気付いたことがきっかけになったかどうかは分かりませんが、ほどなく夫に離婚を切り出されました。私の友人は証拠がなければシラを切る、などと言っていましたが、夫はシラを切るどころか、恋人に子供ができたから別れたいと抜け抜けと言い放ちました。しかも夫の両親は子供ができた浮気相手の味方で、離婚を後押しする始末でした。私の両親も巻き込んでの大騒動となり、結局離婚することになりました。

夫の浮気相手は結婚式に出席した女性

しらを切る夫

私が許せなかったのは、夫の浮気相手です。会社の後輩で、私たちの結婚式にも出席した女性でした。子供ができ、きっと私と離婚が成立するとすぐに結婚するでしょう。そう思うと慰謝料を受け取らなければ気が済みませんでした。しかし、弁護士に相談したところ、婚姻期間が短いこと、主たる責任は夫が取るべきであることなどを理由に、浮気相手からは大した額は取れない、とのことでした。

浮気相手と夫から慰謝料が振り込まれた

それでも夫を通じて100万円を請求し、受け取りました。夫と浮気相手は手渡しを希望しましたが、私は振込による慰謝料受け取りを条件にしました。そうすることで、浮気相手が私にお金を払った事実が記録に残るからです。慰謝料受け取り後離婚する約束をすると、次の日には夫の浮気相手の名前で振り込みがありました。きっと夫が出したのでしょうが、それでも気持ちが少し楽になりました。夫からは200万円の慰謝料をもらい、合計300万円でした。相場よりは高いそうですが、示談で済んだのですから夫にとっても決して高い金額ではなかったはずです。

その後夫と浮気相手は結婚しましたが、数年後離婚したと聞きました。私は300万円を人生の再出発に使い、今では再婚して幸せに暮らしています。苦い経験ですが、今では離婚して良かったと思っています。

▲TOPへ

お問い合わせはこちら
弊社が選ばれる理由とは?
所在地・連絡先
【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
(国道36号沿い)
【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500
(札幌駅徒歩1分)
北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町・共和町・ニセコ町・長沼町・栗山町・岩内町・当別町・留寿都村・新篠津村
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア
■ 探偵調査種類
[浮気調査] 夫、妻の浮気調査・婚約者の浮気調査・嫁、婿の浮気調査
[素行調査] 嫁、婿の探偵調査・お子様に関する探偵調査(援助交際、非行、いじめ)
[所在調査] 家出人の捜索・慰謝料請求相手、債務者の転居先・なつかしの人探し
[身上調査] 婚約者に関する探偵調査・気になる人の近況調査・個人取引前の信用状況調査
[家出人の捜索] 夫・妻・お子さま・ご兄弟・父母・祖父母(ご家族からのご依頼限定)
[企業調査] 従業員の勤務実態調査・雇用前の調査・情報漏洩、接触人物の探偵調査
[特殊調査] 覆面調査・盗聴器・盗聴器発見調査・ストーカー・DV対策・その他探偵調査