夜勤と嘘をついて浮気する夫

北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
無料相談:0120-295-007
NPO法人 日本探偵調査業協会
些細なことでもご相談ください
慰謝料請求に強い探偵報告書サンプルダウンロード

夜勤と嘘をついて浮気する夫

家庭的だった夫が・・・
夜勤を理由に
女性のマンションに滞在

依頼者情報

ご依頼者 妻 28歳
対象者 夫 30歳
結婚生活 3年目
子供 1人
職業 病院勤務

夜勤と嘘をついて浮気をする夫

札幌市内で医療関係の仕事をしている夫は、夜勤は週に1回でしたが、昨年の秋くらいから夜勤が3日に1回と頻繁になりました。 夜勤の時は夕方帰宅するものの着替えをするとすぐに出かけて行き、翌日の夕方までは電話もメールも通じない状態です。 残業アイコン また以前は、平日の帰宅時間は19時から20時頃でしたが、昨年の秋くらいから最終電車を利用する午前0時過ぎに帰宅するようになりました。
やがてここ2ヶ月前からは自宅に帰ってくる日は週末だけになりました。
一方、休日の日曜日には朝から車で出かけ、帰宅は夜になることもあります。
以上のように夫の行動がしだいに大胆になりました。

夫の家庭に対する変化

以前の夫は、出産に立ち会うほどで子供の誕生を心待ちにしていました。また、子供が1才になるまでは、毎日のように子供と入浴し、家事も手伝ってくれていました。思い返せば夫の様子が変わったのは、妻がお盆の時期に約1ヶ月間、夫を残して実家に帰省した頃からでした。
夫婦生活もなくなり、現在に至ります。
たまに家庭で過ごす時も「仕事で疲れた」と言って子供と遊ぶことはなく、部屋に閉じこもっています。そのため2才になる子供は夫には懐かず、夫も子供に対して何も愛情を示さない状況です。
恋愛、結婚、出産までは家庭的だった夫が、別人と思えるくらい変わってしまいました。

夫に怪しいメールが

ある時、夫の入浴中にスマートフォンの着信音が鳴ったため、何気なく画面をみました。すると!
注意アイコン「明日はいつ頃くるの?」という絵文字入りの内容でした。
一瞬何のことがわかりませんでしたが、女性からのメールで浮気を決定付けるものでした。それを見た妻は手が震え、恐ろしくなり、夫には何も言えませんでした。

今から思えば、妻が長期間帰省し後、帰宅すると、服が綺麗にたたんであり、食器棚の食器の置き方が違っていました。自宅に女性が出入りしていたのかもしれません。

妻の気持ち

家庭内での会話もめっきりと減り妻は夫を頼りにすることができず、何かを頼んだり育児の相談をしようとしても、夫の態度が冷たくて、 精神的にも限界が近づいています。妻が家にいる時間を増やすように嘆願しても「仕事だから」とだけ言って、夫の心はここにあらずです。
自宅に浮気相手が出入りしていたと思うと、自宅で過ごしていたらイライラがたまってしまいます。妻はどうしていいかわからず、来る日も来る日も悩み続けました。
幸せだった家庭を壊した夫と浮気相手が許せないという気持ちと同時に、浮気相手には夫と別れてほしいと思っています。

罪悪感を感じながらの探偵依頼

妻は、夫のメールを見ることに後ろめたさを感じていました。さらに、探偵に頼むしかないと思いつつも、夫を調査することに罪悪感がありました。そんなことを毎日毎日悩んでいました。
しかし、子育てを一生懸命がっんばっているのに、毎日のように浮気相手と会っていると思うと、耐えることができなくなりました。 弊社にご相談された時に、カウンセラーから元気付けられ、浮気の疑いがある夫を調べることは何も悪いことではないとのアドバイスを受け、調査して白黒はっきりさせることにしました。
調査を依頼したとたん、気持ちが楽になりました。

探偵調査結果

浮気2ショット画像

夫は同じ職場である医療関係の独身女性と浮気をしていました。
その女性は札幌市内のマンションに居住し、夫はその女性宅に頻繁に出入りしていました。
浮気を立証する証拠と女性の氏名、勤務先は夫と同じ職場でした。


調査後の妻

妻は子供のことを考えると、離婚する気はありませんでしたが、両家を交えて話し合いをした時に夫の離婚の意思が固く、妻と子供に気持ちが戻ることはないと判断したため、離婚することになりました。
妻は浮気の決定的証拠があるため、それを武器として、夫と浮気相手に慰謝料請求、有利に財産分与と養育費の交渉を進めることにしました。

有利な離婚に向けて詳細ページへ


▲TOPへ

お問い合わせはこちら
弊社が選ばれる理由とは?
所在地・連絡先
【豊平区本社】
〒062-0004
札幌市豊平区美園4条8丁目2番4号
オフィス・フルールビル2階
TEL 0120-295-007
(代) 011-299-8884
(国道36号沿い)
【札幌駅北口相談室】
〒060-0807
札幌市北区北7条西2丁目
37山京ビル4F 417号室
TEL 0120-295-007
(代) 011-707-2500
(札幌駅徒歩1分)
北海道公安委員会探偵業届出証明番号
No.10070007 No.10120029
■ 探偵業務範囲
[北海道] 札幌市・旭川市・帯広市・釧路市・函館市・北見市・網走市・北海道全域
[札幌市近郊] 北広島市・千歳市・恵庭市・小樽市・石狩市・江別市・岩見沢市・余市町・倶知安町・共和町・ニセコ町・長沼町・栗山町・岩内町・当別町・留寿都村・新篠津村
[海外] タイ(バンコク・パタヤ・アユタヤー・チェンマイ・スコータイ・プーケット)
[その他] 関東・東海・中部・関西・近畿・中国・四国・九州・沖縄・東北・東南アジア
■ 探偵調査種類
[浮気調査] 夫、妻の浮気調査・婚約者の浮気調査・嫁、婿の浮気調査
[素行調査] 嫁、婿の探偵調査・お子様に関する探偵調査(援助交際、非行、いじめ)
[所在調査] 家出人の捜索・慰謝料請求相手、債務者の転居先・なつかしの人探し
[身上調査] 婚約者に関する探偵調査・気になる人の近況調査・個人取引前の信用状況調査
[家出人の捜索] 夫・妻・お子さま・ご兄弟・父母・祖父母(ご家族からのご依頼限定)
[企業調査] 従業員の勤務実態調査・雇用前の調査・情報漏洩、接触人物の探偵調査
[特殊調査] 覆面調査・盗聴器・盗聴器発見調査・ストーカー・DV対策・その他探偵調査